武蔵野治療室 院長 浅野貴之 


 『武蔵野治療室』は前武蔵野治療室より現院長が引き継ぎ平成26年11月に開院いたしました。この治療室は「地域の青少年、勤労者、そして高齢者」の為に存在し、西洋医学を補完する「良質な代替医療」を提供することを使命とし、地区鍼灸師会と母校の人間総合科学大学鍼灸医療専門学校(旧早稲田医療専門学校)と連携して地域医療の末端を担うことが目的です。

 「医は仁術なり。仁愛の心を本とし、人を救うを以て志とすべし。」(貝原益軒「養生訓」)と有名な言葉があります。この混沌とした現代社会の中でも、人の幸せの原点はやはり心身の健康であり、それを活かすことこそ「医の仁術」だと思います。まだまだ若輩者ではありますが、その気持ちだけは誰にも負けません。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 1968年2月2日生

 

 1993年4月~1996年3月

 早稲田医療専門学校(現 人間総合科学大学鍼灸医療専門学校)

 東洋医療鍼灸学科にて、はり・きゅうの基礎を学ぶ。

 

 1996年4月

 はり師・きゅう師 免許取得

 

 1996年4月~1998年3月

 東京医療専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科

 鍼灸マッサージ教員資格取得

 

 1998年4月~2017年3月

 早稲田医療専門学校(現 人間総合科学大学鍼灸医療専門学校)専任教員として、未来のはり・きゅう師を育成

 

 2000年4月~2004年3月

 人間総合科学大学 人間科学部 人間科学科にてヒトを多覚的に理解することを学ぶ。

 

 2007年4月~2009年3月

 人間総合科学大学大学院 心身健康科学専攻 前期修士課程で心身相間の観点から「こころ」と「からだ」の関連性を研究。

 学位 修士(心身健康科学)

 

 2014年11月

 『武蔵野治療室』開院 

 

 2017年4月~

 新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校専任教員として,未来のはり・きゅう師を育成